暗闇の眼 ダークネスアイ 2020年問題 Dean Koontz Eyes of Darkness

  • 2020.03.09 Monday
  • 14:04




1981年に発行された小説をご紹介します。この小説はベストセラー作家Dean KoontzのEyes of Darknessが武漢400と呼ばれるウイルスにより2020 年に世界中に問題を引き起こす物語です。


小説のEyes of Darknessでは武漢にある中国の軍事研究所で生物兵器としてウイルスを製造しています。実際に最も致命的なウイルスを製造できる中国の研究室は武漢にあります。



アメリカ人作家、ディーン・クーンツのサスペンス・スリラーは、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに時々、登場する作家です。Liberty Timesは、Koontzの本の第39章で、武漢市の近くの軍事研究所で中国共産党(CCP)が生物兵器として開発したウイルスについて書いています。


小説では武漢400の研究を率いる科学者はLi Chen(李陳)と呼ばれ、中国の最も危険な化学兵器に携わりました。武漢400は動物ではなく人々に影響を及ぼし、人体の外側や摂氏30度未満の環境で生き残ることはできません。


今までの薬物や抗生物質は、この真菌のような極めて伝染性の病気に対して完全に無効であり、その犠牲者は、電流と極端な熱の組み合わせによってバクテリアが破壊されることが発見されるまで隔離されます。  2020年頃には、肺炎と気管支を攻撃し、既知のすべての治療に抵抗し、重度の肺炎のような病気が世界中に広がります。 病気自体よりも厄介なのは、それが到着するとすぐに突然消え、10年後に再び攻撃し、その後完全に消えるという。


中国の科学者 Li Cheeが米国に亡命し、10年で中国の最も重要で危険な新しい生物兵器の気密情報を持ち運びました。 彼らは、武漢市以外のRDNA研究所で開発されたこのウィルスを武漢400と呼んでいます。それらは、その研究センターで作成された武漢400の実行可能な人工微生物の株でした。武漢400は完璧な武器です。それは人間だけを苦しめます。他の生き物はそれを運ぶことができません。梅毒のように、武漢400は生きている人間の体の外で1分以上生きることができません。  中国人は武漢400を使うことができます。 


奇妙な偶然の一致はこの小説に沢山ありますが、最も危険なウイルスを研究する研究室の最高レベルである中国で唯一のレベル4バイオセーフティ研究室を収容する武漢ウイルス学研究所は、現在のコロナ震源地からわずか32 km です。この研究所開設について、イギリスのNature誌は2017年の記事で既に取り上げ、研究所の安全性リスクについて警告しています。


現在の感染に関与しているコロナウイルスは人為的であり武漢ウイルス研究室から漏れた可能性があるというフリンジ陰謀説は世界中に広まっているが、陰謀論は一般的に非難されています。実際、この研究所はコロナウイルスを行った最初の研究所の1つでした。


Koontzの小説では、ウイルスは「完全な武器」と見なされます。これは、人間にしか影響を与えず、人間の体外で1分以上生存できないため、世界で人口が激減し一掃されると高額な兵器を使った人口除染作業を必要とせず、都市や国を征服し領土を得られると記載があります。


敬虔なカトリック教徒である74歳のKoontzは、現在も妻と一緒にカリフォルニアに住んでいます。



世界中の人々が幸せで健康でありますように、今、一人一人が祈る事はとても重要な事です。この記事を読まれた方、全員が毎日1分でも2分でも少しの時間であってもよいで祈りましょう。ヨガや瞑想会、クリスタルボウル演奏会などされている方は最後に短い祈りを取り入れる事で、祈りの時間があると良いです。






コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM